病気やお薬のことをわかりやすく解説

エラワン

           

おすすめポイント

ポイントを紹介する医者

性行為後120時間(5日)以内に飲めば妊娠を避けられる

低用量ピルのように毎日服用しなくていいから楽

1回の服用でいいから飲み忘れる心配もない

薬のタイプ

内服薬(錠剤)

成分

ウリプリスタール酢酸エステル30mg

製薬会社

HRAファーマ

効果・作用

エラワンは、望まぬ妊娠を避けるアフターピルの1つです。
従来のアフターピルは性行為後72時間(3日)以内に服用する必要がありましたが
エラワンは性行為後120時間(5日)以内に服用すれば避妊効果が得られます。
有効成分であるウリプリスタール酢酸エステルは、排卵抑制と受精卵の着床阻止の作用があり、妊娠しにくい状態を作り出します。
女性ホルモンを一度に多量摂取するため常用は出来ませんが、万が一の自体に備えておくと安心です。

用法用量

性行為後120時間以内に1錠、水やぬるま湯と一緒に服用
72時間以内に服用することで、より高い避妊効果が得られます。

POINT

服用タイミングが速いほど避妊成功率が高まりますので、なるべく早く服用するように心がけて下さい。

あくまで緊急用避妊薬のため、常用しないで下さい。

服用後1時間以内に嘔吐した場合には、成分が吸収されていない恐れがあるため再度服用して下さい。
吐き気を予防するには、食後の服用や酔い止め薬の併用をおすすめします。

効果時間

避妊成功率は服用タイミングで変動します。
性行為後から24時間以内に服用:成功率98%以上
性行為後から72時間以内に服用:成功率95%以上
性行為後から120時間以内に服用:成功率85%以上

服用後3~7日(遅くても3週間以内)の間に生理と似た出血(消退出血)があれば避妊に成功していると考えられます。

副作用

吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、倦怠感などの症状が起こる恐れがあります。

副作用の症状が48時間以上続く場合には、医師の診察をお受け下さい。

服用前の注意

絶対飲んではいけない人

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある方

・重度の肝障害がある方

・妊娠中や妊娠の可能性がある女性

慎重に投与する必要がある人

・肝障害がある方

・心臓や腎臓に疾患がある、あるいは既往歴がある方

・ビタミンCとの併用(血栓症のリスクが高まるため)

授乳中の女性は乳汁に成分が移行するため、服用後24時間以内の授乳は避けて下さい。

服用後3週間経過しても消退出血がない場合には妊娠検査薬で妊娠の有無を確認して下さい。

服用後は生理周期が乱れる恐れがありますが、時間の経過とともに正常な周期へ戻ります。

エラワン

他のアフターピルよりも服用の猶予期間が長いのが特徴のエラワン避妊成功率は他のアフターピルと変わりません!

エラワンを購入する

関連商品

アイピル

アイピルアフターピルの中でも知名度が高く、1回の服用で望まぬ妊娠を回避できる

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72ジェネリック医薬品だから安価で1回の服用で避妊効果が得られる

ダイアン35

ダイアン35低用量ピルで全ての錠剤のホルモン量が変わらないからわずらわしさが無い

マーベロン

マーベロン現在では多くの人が利用している低用量ピルのスタンダード

口コミ

女性

エリザベスゆかさん(20代)★★★★☆

アフターピルは今までアイピルとマドンナを服用したことがありましたが、エラワンのほうが5日以内に飲めばいいので安心!
あと、体との相性?というのは、副作用が一番少ないように感じました。ゼロではないけど、全然普通に過ごせるくらいでしたよ(^^)

女性

かおりん♪さん(20代)★★★★★

値段は少々お高め・・・ではありますが、しっかり避妊に成功しましたので感謝感謝です◎
念のためにと買っておいたエラワンは女性の味方だと思いますので、みなさん1つは持っておいたほうがいいかと思われます。

女性

HARUHARUさん(30代)★★★★★

アフターピルの中で最も飲みやすかったです。もちろん人によって違うと思いますけど、副作用は全くといってもよいほどありませんでしたし、時間に余裕があるので焦ることもありませんでした。ただ、中には飲んでも妊娠してしまう方も居るようなので、早めに服用してくださいね。